いこまいけ高岡 > 射水市 > 稚児舞

練行

いこまいけ高岡

 稚児の披露として、稚児は奈良時代から伝わる化粧で粉黛し、頭には宝冠を戴き、襦袢を着て緋縮緬の袴と胡蝶の舞の舞衣装を着、扇の一種である中啓を持ち、長柄の傘をさし、稚児担ぎ役の大人に肩車され村内を練行(れんこう)します。また、練行の途中数箇所の「御小休み所」で接待を受けます。
 
練行(写真:2009年9月4日撮影)
練行
 

 
ページ先頭(稚児舞:練行)へもどる。
加茂神社 稚児舞
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.