いこまいけ高岡 / 富山の曳山祭り
いこまいけ高岡 > 射水市 / 富山の曳山祭り > 海老江曳山祭り

鯨神輿


 鯨神輿(くじら みこし)といっても、鯨の形ではなく普通の神輿です。
 当地に伝わる昔話によれば、
「むかし、海老江村に彦兵衛という船頭がいました。あるとき、彦兵衛の夢に神様が現れ「海老江の沖に大きな鯨が沈んでいる」と告げました。彦兵衛がそこへいってみると、お告げのとおり、15メートルもある大きな鯨がいました。彦兵衛は、網元の清与衛門と一緒に村人に頼んで、その大鯨を捕まえました。鯨を売ったお金の一部は、里の家々へ「鯨わけ」として振舞うのが習わしでしたが、この鯨は神様のお告げによるものなので、鯨わけ分の売上金で神様にお礼をすることにしました。彦兵衛たちはそのお金で御輿を作り、加茂社に納め、鯨御輿と呼ばれるようになりました。」
 
鯨神輿(写真:2009年9月23日撮影)、当日は小雨の天気だったためビニール状態・・・。
鯨神輿
 

 
海老江曳山祭り
からくり披露西町曳山中町曳山東町曳山曳山構造山宿鯨神輿海老江加茂神社
ページ先頭(海老江曳山祭り:鯨神輿)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.