いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 陸上自衛隊 装備 > 対戦車ヘリコプター AH-1S コブラ > 胴体

AH-1S コブラ スタブ・ウイング


 スタブ・ウイング(Stub wings)は、主にヘリコプターの機体左右に張り出した短翼です。「翼」と名前が付いていますが揚力を発生することを第一の目的とせず、基本的に兵装や追加の電子装置(各種センサー)もしくは航続距離を延長するための増槽(追加の燃料タンク)をパイロンを介して懸吊する為に設置されます。
 AH-1S コブラの胴体左右それぞれの中央部には、スタブ・ウイングがあり、下面にはパイロンを介してロケット弾ランチャーTOWランチャーを懸架しています。また上面にはレーダー・ジャマー送信アンテナが取付けられています。
 
AH-1S コブラ スタブ・ウイング(写真:2009年11月1日 小松基地・航空祭にて撮影)
AH-1S コブラ スタブ・ウイング
 
後方から見たスタブ・ウイング
後方から見たスタブ・ウイング
 
スタブ・ウイングの詳細写真
スタブ・ウイング翼端(TOWランチャー用パイロン)
スタブ・ウイング翼端
ロケット弾ランチャー用パイロン
ロケット弾ランチャー用パイロン
レーダー・ジャマー送信アンテナ
レーダージャマー送信アンテナ
TOWランチャー
TOWランチャー
ロケット弾ランチャー
ロケット弾ランチャー
 

 
対戦車ヘリコプター AH-1S コブラ
機体正面機体左面機体右面機体後部機体下面機体上面機首胴体テールブーム垂直尾翼機首20mm機関砲望遠照準ユニット TSUスタブ・ウイングメインローターテールローターコックピットレーダジャマー送信アンテナエアデータ・システムセンサパイロン空中レーザトラッカーピトー管エンジンエンジン排気口テールスキッドレーダー警報アンテナVOR受信アンテナ構造用パネル燃料給油口風防雨滴除去空気口機体表面注意書き
ページ先頭(対戦車ヘリコプター AH-1S コブラ:スタブ・ウイング)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.