いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊

P-3C 対潜哨戒機


 P-3Cは、アメリカのロッキード社が開発したターボプロップ哨戒機「P-3」の性能発展型で海上自衛隊では昭和50年代末に配備が始まり通算101機配備されました。P-3Cは、1976年(昭和51年)に明るみにでた田中角栄元首相による「ロッキード事件」で有名になった飛行機でもあります。
 
P-3C 対潜哨戒機(写真:2009年11月1日撮影、小松基地・航空祭にて)
機体番号:5051
P-3C 対潜哨戒機
 
機体上部にフェアリングのある P-3C 対潜哨戒機(写真:2010年10月3日撮影、小松基地・航空祭にて)
機体番号:5095
機体上部にフェアリングのある P-3C 対潜哨戒機
 
名称:P-3C、愛称:オライオン(Orion=ギリシア神話に登場する狩人、オリオン座)
種別:対潜哨戒機
乗員:操縦士 2名のほかに9人程度の乗務員
機体 P-3C 対潜哨戒機の写真
コックピット
コックピット

機首
機首

救出口
救出口

フェアリング
フェアリング

プロペラ
プロペラ

パイロン
パイロン

ESMポッド
ESMポッド

前脚
前脚

後脚
後脚

垂直尾翼
垂直尾翼

水平尾翼
水平尾翼

MADブーム(磁気探知装置)
MADブーム

 

 
海上自衛隊 航空機
対潜哨戒機 P-3C哨戒ヘリコプター SH-60J哨戒ヘリコプター SH-60K訓練支援機 U-36A輸送ヘリコプター S-61A(退役済)
ページ先頭(海上自衛隊:P-3C 対潜哨戒機)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.