いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 > 南極観測船 しらせ(初代) / 伏木港

輸送ヘリコプター S-61A


 南極観測船「しらせ」に搭載されているS-61A型ヘリコプターは、昭和基地への物資空輸の他、南極の厳しい自然条件の下、あすか・ドームふじ観測拠点設置の資材空輸、アムンゼン湾地学調査隊の派遣、ドームふじで採掘した氷床コアの回収など様々な業務に使用されています。1976年(昭和51年)から三菱で新造された2機が納入され、後に哨戒機器を撤去され、「しらせ」の艦載機として使用されています。2007年(平成19年)からCH-101が使用される予定です。
 
輸送ヘリコプター S-61A
 
全高:5.21m
全長:22.29m
全幅:18.90m
搭乗員:3名、最大搭載人員:24名
物資搭載量:2000kg
全備重量:20500ポンド(9300kg)
最大出力:1500HP×2基
巡航速度:110ノット(約200km/h)、最大速力:144ノット(約260km/h)
航続時間:約5時間
 
輸送ヘリコプター S-61A 詳細写真
機首
機首
搭乗口
搭乗口
折り畳まれたプロペラ
折り畳まれたローター
後部ローター
後部ローター
海上自衛隊
海上自衛隊
胴腹
胴腹
ペンギン
ペンギン
 

 
海上自衛隊 航空機
対潜哨戒機 P-3C哨戒ヘリコプター SH-60J哨戒ヘリコプター SH-60K訓練支援機 U-36A輸送ヘリコプター S-61A(退役済)
ページ先頭(海上自衛隊:輸送ヘリコプター S-61A)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.