いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 / 伏木港

南極観測船 しらせ(初代)


 南極観測船「しらせ(初代)」は、海上自衛隊に所属していた自衛艦です。「ふじ」に代わり南極地域の観測および輸送任務を行う日本で最新鋭の砕氷船でした。砕氷・輸送・観測・ヘリコプター母艦など多くの役割がありました。艦体の色がオレンジ色となっているのは、白一色の氷原の中で目立つようにしているためです。平成20年(2008年)7月30日に「しらせ」は退役し、平成21年(2009年)5月20日に新砕氷艦「しらせ」が就役しました。
 
南極観測船 しらせ AGB-5002(写真:2006年9月9日撮影)
南極観測船 しらせ(初代)
 
建造:昭和56年(1981年)3月5日起工、昭和56年(1981年)12月11日進水し、昭和57年(1982年)11月12日就役。
艦船番号:5002
基準排水量:11600トン、満載排水量:19000トン
全長:134m
最大幅:28m
深さ:14.5m
満載時喫水:9.8m
主機関:ディーゼル電気推進
軸数および推進機:3軸
最大速力:19ノット
航続距離:(15ノット時)
乗員:170名、観測隊員等:60名
 
砕氷能力:氷厚1.5mの平坦氷海域を3ノットの速度で連続砕氷可能
荷役設備:貨物重量 1000トン
  • デッキクレーン:4基
  • コンベレーター:2基
  • エレベーター:2基
  • フォークリフト:9台
    航空設備
  • 広い飛行甲板および格納庫:CH-53E級大型ヘリコプター搭載可能
     
    艦首
    艦首
    砕氷へさき
    砕氷へさき
    艦橋
    艦橋
    ラッパ
    ラッパ
    艦橋上部のアンテナ
    艦橋上部のアンテナ
    上部操舵所とタカンアンテナ
    上部操舵所とタカン空中線
    遠距離通信アンテナ
    遠距離通信アンテナ
    気象観測用レーダー
    気象観測用レーダー
    12トンクレーン
    12トンクレーン
    艦首の12トンクレーン
    艦首の12トンクレーン
    艦首甲板
    艦首甲板
    救命ボート
    救命ボート
    S-61A型ヘリコプター
    S-61A型ヘリコプター
    日章旗
    日章旗
    スノーモービル
    スノーモービル
    バギー
    バギー
    南極の石
    南極の石
    ペンギン
    ペンギン
    艦尾
    艦尾
    とも綱
    とも綱
     

     
    海上自衛隊 艦船
    護衛艦みねゆき護衛艦はまゆきヘリコプター搭載護衛艦しらね汎用護衛艦あさぎりミサイル搭載護衛艦しまかぜヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが護衛艦あぶくま護衛艦じんつう護衛艦ちくまミサイル艇 はやぶさミサイル艇 うみたか潜水艦救難艦ちはや掃海母艦ぶんご掃海艇 ししじま訓練支援艦くろべ訓練支援艦てんりゅう多用途支援艦ひうち砕氷艦しらせ(初代)砕氷艦しらせ(2代目)
    ページ先頭(海上自衛隊:南極観測船 しらせ)へもどる。
    Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.