いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊

ヘリコプター搭載護衛艦 かが


 「ヘリコプター搭載護衛艦 かが(JS Kaga, DDH-184)」は、海上自衛隊で最大の艦艇である「いずも型護衛艦」の2番艦です。前代のひゅうが型護衛艦をベースに更に大型化され、ひゅうが型同様に全通甲板となり、長さ245m×幅38mのヘリコプター甲板(ヘリコプター発着スポット 5つ)が確保されています。ヘリコプター運用能力を重視した艦であるため、兵装は抑えられており、近接防空システムの高性能20mm機関砲×2基とSeaRAM×2基および12.7ミリ単装機関銃となっています。ヘリコプターは、最大14基積載可能で、5機の同時発着ができます。2013年10月7日に起工、2015年8月27日に進水、2017年3月22日に就役し、第4護衛隊群第4護衛隊に編入(定係港は呉)されました。愛称は「White Base」らしいです。
 
ヘリコプター搭載護衛艦 かが DDH-184(写真:2017年7月17日9時21分撮影)、金沢港を出港する護衛艦かが
ヘリコプター搭載護衛艦 かが
 
ヘリコプター搭載護衛艦 かが 諸元
  建造:2013年10月7日に起工、2015年8月27日に進水、2017年3月22日に就役し、第4護衛隊群第4護衛隊に編入(定係港は呉)、 ジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所磯子工場
艦種:ヘリコプター搭載護衛艦
艦船番号:184
基準排水量:19,500トン、満載排水量:27,000トン
全長:248.0メートル
全幅:38.0メートル
深さ:23.5メートル
吃水:7.1メートル
主機関:IHILM2500IEC型ガスタービン×4基、スクリュープロペラ 2軸推進、112,000PS、機関 COGAG方式
最大速力:30ノット(時速 55km)
乗組員:520名(司令部要員 50名含む)+長期宿泊可能人員(輸送可能人数)450名
搭載能力:貨油 3300kL、陸上自衛隊の73式大型トラック(3 1/2tトラック)×50台
兵装
 ・ 高性能20mm機関砲 CIWS×2基
 ・ SeaRAM 近SAMシステム×2基
 ・ 12.7ミリ重機関銃(QCB)
艦載機
 ・ SH-60J/SH-60K 対潜水艦哨戒ヘリコプター×7機、MCH-101輸送ヘリコプター×2機
 ・ 最大:ヘリコプター 14機
C4ISTAR
 ・ OYQ-12 戦術情報処理装置
レーダー
 ・ OPS-50A 対空レーダー
 ・ OPS-28F 低空警戒/対水上捜索レーダー
 ・ OPS-20E 航海用レーダー
ソナー
 ・OQQ-23 ソナーシステム 
電子戦・対抗手段
 ・ NOLQ-3D-1 電波探知妨害装置
 ・ Mk.137 デコイ発射機×6基
 ・ OLQ-1 魚雷防御装置×1式
 
ヘリコプター搭載護衛艦 かが 詳細写真
艦首
艦首
右舷
右舷
左舷
左舷
艦尾
艦尾
飛行甲板
飛行甲板
SH-60J 哨戒ヘリコプター
SH-60J 哨戒ヘリ
SH-60K 哨戒ヘリコプター
SH-60K 哨戒ヘリ
第1エレベーター
第1エレベーター
第2エレベーター(デッキサイド式後部エレベーター)
第2エレベーター
艦橋構造物
艦橋構造物
格納庫
格納庫
サイド・ランプ
サイド・ランプ
高性能20mm機関砲 CIWS
高性能20mm機関砲
SeaRAM
SeaRAM
12.7ミリ重機関銃(QCB)
12.7ミリ重機関銃(QCB)
NOLQ-3D-1 電波探知妨害装置
電波探知妨害装置
OPS-50A 対空レーダー
OPS-50A 対空レーダー
OPS-28F 低空警戒/対水上捜索レーダー
OPS-28F 水上レーダー
艦載救難作業車
艦載救難作業車
ヘリコプター牽引装置
ヘリコプター牽引装置
膨張式救命筏
膨張式救命筏
前部マスト灯
前部マスト灯
 

 
海上自衛隊 艦船
護衛艦みねゆき護衛艦はまゆきヘリコプター搭載護衛艦しらね汎用護衛艦あさぎりミサイル搭載護衛艦しまかぜヘリコプター搭載護衛艦ひゅうがヘリコプター搭載護衛艦いせヘリコプター搭載護衛艦かが護衛艦あぶくま護衛艦じんつう護衛艦ちくまミサイル艇 はやぶさミサイル艇 うみたか潜水艦救難艦ちはや掃海母艦ぶんご掃海艇 ししじま訓練支援艦くろべ訓練支援艦てんりゅう多用途支援艦ひうち砕氷艦しらせ(初代)砕氷艦しらせ(2代目)
ページ先頭(海上自衛隊:ヘリコプター搭載護衛艦 かが)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.