いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 / 伏木港

ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが


 「ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが(JS Hyuga, DDH-181)」は、海上自衛隊初(つまり戦後の日本初)の全通甲板を有する護衛艦(「ひゅうが型護衛艦」の1番艦)です。対潜水艦用の哨戒ヘリコプターを同時に多数運用(ヘリコプター3機の同時発着艦が可能)できることが可能です。また、護衛隊群司令部を収容できる規模の司令部施設機能を備え、第1護衛隊群第1護衛隊の旗艦(定係港 = 横須賀)となっています。自衛隊では「ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)」としていますが、実質的にはヘリコプター空母です。海上自衛隊の護衛艦の歴史の中で、全長と排水量共に最大規模の艦です。
 
ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが DDH-181(写真:2012年6月3日 伏木港にて撮影)
ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが
 
ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが 諸元
  建造:起工 2006年5月11日、進水 2007年8月23日、就役 2009年3月18日(第1護衛隊群第1護衛隊に配属)、アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド横浜工場
艦種:ヘリコプター搭載護衛艦
艦船番号:181
基準排水量:13,950トン、満載排水量:19,000トン
全長:197メートル
全幅:33メートル
高さ:48メートル
喫水:7メートル
主機関:IHILM2500ガスタービン×4基、2軸推進、100,000PS
速力:30ノット(時速55km)
乗組員:約340~360名
兵装
艦載機
電子装置
 
ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが 詳細写真
艦首
艦首
右舷
右舷
艦尾
艦尾
飛行甲板
飛行甲板
SH-60J 哨戒ヘリコプター
SH-60J 哨戒ヘリコプター
SH-60K 哨戒ヘリコプター
SH-60K 哨戒ヘリコプター
艦橋構造物
艦橋構造物
ヘリコプター昇降機
ヘリコプター昇降機
格納庫
格納庫
Mk-41 垂直発射型ミサイル発射装置
Mk-41 ミサイル発射機
高性能20mm機関砲
高性能20mm機関砲
HOS-303 3連装短魚雷発射管
3連装短魚雷発射管
艦載クレーン車
艦載クレーン車
艦載救難作業車
艦載救難作業車
洋上給油装置
洋上給油装置
サイド・ランプ
サイド・ランプ
作業艇
作業艇
膨張式救命筏
膨張式救命筏
 

 
海上自衛隊 艦船
護衛艦みねゆき護衛艦はまゆきヘリコプター搭載護衛艦しらね汎用護衛艦あさぎりミサイル搭載護衛艦しまかぜヘリコプター搭載護衛艦ひゅうがヘリコプター搭載護衛艦いせヘリコプター搭載護衛艦かが護衛艦あぶくま護衛艦じんつう護衛艦ちくまミサイル艇 はやぶさミサイル艇 うみたか潜水艦救難艦ちはや掃海母艦ぶんご掃海艇 ししじま訓練支援艦くろべ訓練支援艦てんりゅう多用途支援艦ひうち砕氷艦しらせ(初代)砕氷艦しらせ(2代目)
ページ先頭(海上自衛隊:ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.