いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 > ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが

飛行甲板


 ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうがは、艦橋構造物は右舷に寄せられおり、艦首から艦尾まで全通した上甲板(全通甲板)で、飛行甲板を兼ています。この飛行甲板では、ヘリコプター3機の同時発着艦が可能となっており、旧来型のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)「はるな型護衛艦」を遥かに凌ぐヘリコプター運用能力があります。
 軽空母並みの船体の大きさや艦橋構造物は右舷に寄せた全通甲板の飛行甲板などにより外観が空母のようなことから、「ヘリコプター空母」とも呼ばれています。ただし、自衛隊としては対潜水艦としての運用からあくまでも「ヘリコプター搭載護衛艦」です。空母というと、戦前のイメージ(遠洋進出するための軍備)から国民のアレルギーを刺激してしまう・・・のでしょうね。
 
ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが 飛行甲板(写真:2012年6月3日撮影)、伏木港にて、飛行甲板の艦首付近から艦尾方向を撮影
ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが 飛行甲板
 
ヘリコプター昇降機(第1昇降機)付近の飛行甲板のパノラマ写真
第1昇降機付近の飛行甲板のパノラマ写真
 

 
護衛艦 ひゅうが
艦首右舷艦橋構造物艦尾飛行甲板SH-60J 哨戒ヘリSH-60K 哨戒ヘリヘリコプター昇降機格納庫Mk-41 ミサイル発射機高性能20mm機関砲3連装短魚雷発射管艦載クレーン車艦載救難作業車洋上給油装置サイド・ランプ作業艇膨張式救命筏
ページ先頭(ヘリコプター搭載護衛艦 ひゅうが:飛行甲板)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.