いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 / 伏木港

訓練支援艦 くろべ


 「訓練支援艦くろべ」は、北アルプスの鷲羽岳を源流に立山と剣岳を主座とする立山連峰そして鉢ノ木岳と鹿島槍ヶ岳の連なる後立山連峰との間を流れる激流「黒部川」にちなんで名づけられました。戦前戦後を通じて「くろべ」と名付けられた艦はこの船が初めてです。
 くろべは、高速標的機(ファイヤ・ビー改およびチャッカーV)を同時に3機管制して水上艦艇の対空ミサイル射撃訓練の支援を行います。航空標的機を海上で発射・管制する世界にも類を見ない諸装置を搭載した珍しい艦です。発射甲板には、ヘリコプターの発着艦、給油装置を有すなど幅広い任務にも対応できます。
 
訓練支援艦 くろべ(写真:2006年7月22日撮影)
訓練支援艦 くろべ
 
建造:昭和62年(1987年)7月31日NKK日本鋼管・鶴見造船所において起工、昭和63年(1988年)5月23日進水し、平成元年(1994年)3月23日竣工。
艦船番号:4202
基準排水量:2200トン
全長:100.5m
最大幅:16.5m
深さ:8.5m
喫水:3.97m
主機関:ディーゼル機関 4基
軸数および推進機:2軸、固定ピッチ
速力:20ノット(約37km/H)
航続距離:約6000マイル(約11000km)
乗組員:143名(幹部17名、海曹士126名)
 
兵装:
訓練支援艦 くろべ 詳細写真
艦首
艦首
62口径 76mm速射砲
62口径 76mm速射砲
76mm速射砲用砲弾
76mm速射砲用砲弾
日章旗
日章旗
(自衛艦旗)
高速標的機:チャッカーV
高速標的機:チャッカーV
Fire Bee改艦上発射装置
Fire Bee改艦上発射装置
操舵盤
操舵盤
航法受信機
航法受信機
ラッパ
ラッパ
OPS-14C対空レーダー
OPS-14C対空レーダー
格納庫
格納庫
緩衝用ブイ
緩衝用ブイ
 

 
海上自衛隊 艦船
護衛艦みねゆき護衛艦はまゆきヘリコプター搭載護衛艦しらね汎用護衛艦あさぎりミサイル搭載護衛艦しまかぜヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが護衛艦あぶくま護衛艦じんつう護衛艦ちくまミサイル艇 はやぶさミサイル艇 うみたか潜水艦救難艦ちはや掃海母艦ぶんご掃海艇 ししじま訓練支援艦くろべ訓練支援艦てんりゅう多用途支援艦ひうち砕氷艦しらせ(初代)砕氷艦しらせ(2代目)
ページ先頭(海上自衛隊:訓練支援艦 くろべ)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.