いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 / 伏木港

掃海母艦 ぶんご


 「掃海母艦 ぶんご」は、海上自衛隊 掃海隊群に所属し、広島県の呉を母港とする掃海母艦です。「うらが」型の2番艦として建造され平成10年(1998年)3月23日に就航しました。掃海艦艇や掃海ヘリコプターの支援や機雷の敷設業務を主な任務としています。第2次世界大戦後に日本近海に敷設されていた日米両軍の6万基余りの機雷の掃海を目的として生まれた日本の掃海部隊は、その掃海実績から世界有数の掃海能力を持っていると言われています。艦名の「ぶんご」は、四国と九州の間にあり瀬戸内海と太平洋をつなぐ「豊後水道」に由来しています。
 艦尾を見ると開閉式の扉があり、この扉から掃海用具や機雷を排出するようです。艦首や艦橋を見ただけだと大型の護衛艦と同じように見えますが、艦尾は掃海母艦独特の形状です。
 
掃海母艦 ぶんご(写真:2007年8月2日撮影)
掃海母艦 ぶんご
 
建造:起工 平成8年7月4日、進水 平成9年4月24日
就役:平成10年(1998年)3月23日、第1掃海隊群直轄に編入
艦船番号:464
基準排水量:5700トン
全長:141.0メートル
全幅:22.0メートル
高さ:41.0メートル
喫水:5.4メートル
主機関:ディーゼル 2基
出力:19500馬力
速力:22ノット(約40km/h)
乗組員:129名
 
兵装:主砲 OTO 62口径 76mm単装速射砲×1基
 
その他装備:
海外派遣履歴:
艦首
艦首
艦橋
艦橋
水上レーダー
水上レーダー
ヘリコプター格納庫
ヘリコプター格納庫
艦尾
艦尾
62口径 76mm単装速射砲
62口径 76mm単装速射砲
艦橋内部
艦橋内部
艦首甲板
艦首甲板
航空磁気掃海具 MK105
航空磁気掃海具 MK105
作業艇
作業艇
指導方針
指導方針
艦尾甲板
艦尾甲板
 

 
海上自衛隊 艦船
護衛艦みねゆき護衛艦はまゆきヘリコプター搭載護衛艦しらね汎用護衛艦あさぎりミサイル搭載護衛艦しまかぜヘリコプター搭載護衛艦ひゅうが護衛艦あぶくま護衛艦じんつう護衛艦ちくまミサイル艇 はやぶさミサイル艇 うみたか潜水艦救難艦ちはや掃海母艦ぶんご掃海艇 ししじま訓練支援艦くろべ訓練支援艦てんりゅう多用途支援艦ひうち砕氷艦しらせ(初代)砕氷艦しらせ(2代目)
ページ先頭(海上自衛隊:掃海母艦 ぶんご)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.