いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 > 哨戒ヘリコプター SH-60J > 機首

HLR-108 ESMアンテナ


「HLR-108 ESMアンテナ」は、敵方の電子情報を収集するためのアンテナで、機首の左右と尾部両舷の合計4箇所に配置され、全方位(周囲360度)の電子情報の収集が可能です。
 
HLR-108 ESMアンテナ(写真:2012年6月3日撮影)、機首の前部ESMアンテナ
哨戒ヘリコプター SH-60J HLR-108 ESMアンテナ
 
胴体側面にある後部ESMアンテナ
胴体側面にある後部ESMアンテナ
 

 
哨戒ヘリコプター SH-60J
機体正面機体左面機体右面機首データリンク用装置ESMアンテナコックピット捜索レーダーミサイル警報センサーキャビンディッピング・ソナーディッピング・ソナー投下口メイン・ローターメイン・ローター基部エア・インテーク(空気吸入口)、 エンジン排気口テール・ブームスタビレーターテール・ローター磁気探知機赤外線暗視装置救助用ホイストチャフ・フレア・ディスペンサーフライトレコーダーバブル・ウインドウピトー管HFアンテナUHF/VHFアンテナVOR受信アンテナ発煙弾コンテナ外気温度センサー搭載機器冷却用ファン前脚後脚
ページ先頭(哨戒ヘリコプター SH-60J:HLR-108 ESMアンテナ)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.