いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都観光 > 大原 > 寂光院

寂光院 本堂


 本堂(ほんどう)は、2000年(平成12年)の放火で焼失し、2005年(平成17年)に元の姿で再建されました。焼失前の本堂には、像高256センチメートルの木造 地蔵菩薩立像(国重文)が安置されていましたが、火災で類焼し、本堂再建時に新たに同形で作り直されました。建礼門院と阿波内侍の新しい像も安置されています。
 なお焼けてしまった地蔵菩薩立像は、像内納入品(3000体以上の地蔵菩薩の小像など)が無事だったこともあり、国重文指定を解かれることなく、保存処理が行われ現在は境内西端に建てられた収蔵庫に安置されています。
 
寂光院 本堂(写真:2009年10月29日撮影)
寂光院 本堂
 
寂光院 本堂 地図(Map of Hon-do (Main hall), Jakko-in Temple)、赤色マーカーが本堂のある場所です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に寂光院にある本堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
本堂と周辺の伽藍および見所
1. 拝観受付
2. 山門
3. 本堂
4. 茶室 孤雲
5. 書院
6. 四方正面の池
7. 雪見灯籠
8. 汀の池(心字池)と御神木 千年姫小松
9. 鐘楼
10. 建礼門院 御庵室跡
11. 収蔵庫(舜智殿)
12. 宝物殿(鳳智松殿)
 

 
寂光院の伽藍と見所
本堂建礼門院 御庵室跡山門茶室 孤雲書院鐘楼雪見灯籠四方正面の池汀の池御神木 千年姫小松収蔵庫宝物殿境内地図
ページ先頭(寂光院:本堂)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.