いこまいけ高岡
いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 北海道 > 網走市

博物館網走監獄 庁舎


 博物館網走監獄 庁舎は、1912年(明治45年)から1987年(昭和62年)まで使用され、「総瓦葺切妻造り」で「コ」の字型に三棟を組み合わされた木造の建物です。水色とグレイで彩色された外観、屋根に設けられた飾り窓など、一見洋式建築に見えますが、正面の千鳥破風の屋根をもつ草寄、鬼瓦をのせた屋根には和風建築の特徴もみられます。この様な建物は「和洋折衷」と呼ばれた明治時代初期の官庁建築に数多くみられました。庁舎は、刑務所の主軸となる場所で、中には、典獄室(現在の刑務所長の部屋)をはじめとして、会議室、総務課、戒護課、用度課、作業課等があり、保安管理、数化活動(宗教の力や対人接触により、良い方向に感化すること)等の計画執行を検討したところです。
 
博物館網走監獄 庁舎 地図(中央のポインターの場所が博物館網走監獄 庁舎です)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に博物館網走監獄 庁舎の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:北海道網走市呼人1-1
 
文化財指定:なし
構造:総瓦葺切妻造り、木造平屋建
建築年:1912年(明治45年)、1988年(昭和63年)移築
 

 
北海道の近代建築物
北海道庁 旧本庁舎札幌時計台豊平館札幌市北海道開拓の村小樽市函館市旭川市
ページ先頭(北海道網走市の近代建築:博物館網走監獄 庁舎)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.