いこまいけ高岡、登山
いこまいけ高岡 > 長野県 観光案内 > 松本市 / ハイキングと登山 > 涸沢

涸沢キャンプ場


 涸沢キャンプ場(からさわきゃんぷじょう、標高 2,299m)は、北アルプスの穂高連峰に位置する涸沢にあるテント場です。正式名称は「国設涸沢野営場」、おおもとの設置者は環境省です。現地での管理・運営は涸沢ヒュッテと涸沢小屋が共同で行っています。
 公称のテント設営数は 500張とか600張と言われています。が、紅葉シーズンのピーク時には1000張りを越えるテント村になります。テン泊登山者が憧れる?キャンプ場ですが、涸沢カールに立地していることから、基本的に地面は岩がゴロゴロしています。テント場受付(管理棟)から涸沢小屋への登山道脇には土のスペースや小石を敷き詰めたような平坦で綺麗な地面も僅かながらあります。そんなわけで、上高地を早朝に出発し競うように涸沢へ向かう大きなザックを背負った登山者が多数、それに競り負けたり、のんびり涸沢に到着すると、岩ゴロゴロな場所にテントを設営となります。コンパネ板のレンタルを期待しても、数に限りがあるのでナカナカ思うようにはいきません。
 水場やトイレ場はキャンプ場にはありませんが、歩いて数分(テントの場所にもよります)の涸沢ヒュッテのトイレと水場を無料で利用できます。
公式Webサイトは無いようです。参考に涸沢ヒュッテ宿泊案内、ヒュッテの料金の他にキャンプ場の受付時間・料金・テント泊関連のレンタル品案内があります。
 
涸沢キャンプ場(写真:2019年10月05日13時43分撮影)
涸沢キャンプ場
 
涸沢キャンプ場情報(2019年現在、最新データは涸沢キャンプ場のWebサイトを見て下さい)
 ・テント場利用受付はテント場中央にある受付で実施、受付時間は午後 2時頃~ 5時まで(ピーク時は受付が早く始まります。10月上旬の紅葉時期に行った時は 12時半に受付開始でした)、事前の予約は受け付けていません
 ・幕営料:1,000円(一人一泊)  ・テント泊関係のレンタル品(受付時に貸し出し、一泊当たりの料金)
   コンパネ板(180cm×90cm) 500円、長辺 180cmしかないので短いのが難点(希望を言えばテントのサイズ的には210cmくらいが欲しい)
   シュラフ(3シーズン用) 2,000円
   銀マット 1,000円
 ・レンタルテント(9,000円/泊):涸沢ヒュッテでの予約が必要、1張2人以上最大4人が泊まれるテントです。シュラフも借りられるので重いテントを背負わなくても涸沢のテント泊を楽しめます。料金的には小屋泊りとトントンかな?
 
涸沢キャンプ場地図
涸沢キャンプ場地図
 
涸沢キャンプ場 地図(Google Map)
 
紅葉ピークの14時頃に到着すると、こんな岩場しか空いてませんでした。(写真:2019年10月05日14時00分撮影)
紅葉ピークの13時過ぎに到着すると、こんな岩場しか空いてませんでした。
 
夕暮れ前の涸沢キャンプ場、今日のテント村は何張り?(写真:2019年10月05日16時15分撮影)
今日のテント村は何張り?
 
夜、涸沢キャンプ場のテントの灯りと光の道(写真:2019年10月05日18時39分撮影)、涸沢ヒュッテのテラスから
夜、涸沢キャンプ場のテントの灯りと光の道
 
晩ご飯を食べてるとテント場で散発的に拍手がおこり、その先を見ると「新郎新婦!」(写真:2019年10月05日17時12分撮影)
テント場で散発的に拍手がおこり、その先を見ると「新郎新婦!」
 

 
ページ先頭(穂高連峰:涸沢キャンプ場)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.