いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち > 十輪院

十輪院 本堂

いこまいけ高岡

 本堂は、背後の覆堂内に安置された石仏龕(せきぶつがん)を拝むための礼堂として建立された鎌倉時代の住宅風仏堂(寄棟造、本瓦葺き、正面五間)です。国宝に指定されています。建物全体の立ちが低く、正面は広縁の奥に蔀戸(しとみど)を設け、全体として住宅風の意匠となっています。軒裏に垂木(たるき)を用いず板軒としており、一般普通の仏堂建築と異なるのが十輪院の本堂の大きな特徴です。南門も本堂と同じく板軒になっています。本堂奥には、本尊である地蔵菩薩を中心にした石仏龕(せきぶつがん、鎌倉時代、国重文)が安置されています。
 
十輪院 本堂(写真:2009年10月24日撮影)
十輪院 本堂
 
十輪院 本堂 地図(Map of Hondo(Main hall), Jurin-inn Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に十輪院にある本堂の境内地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 南門(国重文)
  2. 本堂(国宝)
  3. 不動堂(護摩堂)
  4. 客殿
  5. 庫裏
  6. 御影堂(県文化財)
  7. 魚養塚
  8. 不動明王石像
  9. 蓮池
 
本堂の写真
正面の広縁と蔀戸
正面の広縁と蔀戸
扁額
扁額「雨寶山」
本堂東面
本堂東面
本堂後方
本堂後方、石仏龕のある所
 

 
ページ先頭(十輪院:本堂)へもどる。
十輪院
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.