いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち

十輪院

いこまいけ高岡

 十輪院(じゅうりんいん)は、元興寺旧境内地の南東端に位置する真言宗醍醐派の寺院で、山号は「雨宝山」です。奈良時代の僧 朝野魚養(あさののなかい、書道の名人)の開基と伝えられています。
 国宝に指定されている本堂(鎌倉時代)は、軒や床が低く、当時の住宅の様子をしのばれる建築物です。なお奈良町には多くの社寺がありますが国宝に指定されている建造物は、元興寺の本堂禅室五重小塔と十輪院のこの本堂の4つだけです。本堂内には、本尊である地蔵菩薩を中心にした石仏龕(せきぶつがん、鎌倉時代、国重文)が安置されています。石仏龕には、釈迦如来、弥勒菩薩の諸仏の他、十王、仁王、四天王や北斗曼荼羅の諸尊が刻まれ非常に珍しい構成です。また境内には、不動明王石像、魚養塚、十三重石塔、興福寺曼荼羅石など多数の石仏があります。
 
十輪院(写真:2009年10月24日撮影)、南門から見た十輪院 本堂
十輪院
南門
南門

本堂
本堂

御影堂
御影堂

 
十輪院 地図(Map of Jurin-inn Temple, Nara-machi)、十輪院 境内地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良町にある十輪院の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒630-8312 奈良県奈良市十輪院町27
  1. 十輪院
  2. 法徳寺
  3. 興善寺
  1. 金躰寺
  2. 今西家書院
  3. 福智院
  1. 元興寺 塔跡
  2. 御霊神社
 

 
ページ先頭(ならまち:十輪院)へもどる。
ならまち
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.