いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち

頭塔

いこまいけ高岡

 頭塔(ずとう)は、奈良町の東に位置する高畑町(高畑町交差点の南西側)にあります。1辺30メートル、高さ10メートル、7段の階段ピラミッド形の土製の塔です。1922年(大正11年)に国の史跡に指定されました。「東大寺要録」の記録では、奈良時代の僧 実忠によって造営されたと記載されています。また、玄昉の首塚という伝承も残っています。各段には石仏があり、これらは国の重要文化財に指定されています。
 1986年(昭和61年)から奈良文化財研究所によって発掘調査が行われ、現在 北面は復元保存され、南面は発掘前の現状保存(木の生えた斜面)の形で残されています。頭塔は地元「史跡頭塔保存顕彰会」によって管理され、見学を希望する場合は30メートル離れた事務所で申し込めば頭塔に登れるようです。私は、現地で事務所を探したのですが見当たらず、離れての見物だけとなりました・・・。
 
頭塔(写真:2009年10月24日撮影)、頭塔の西面
頭塔
 
頭塔 地図(Map of Zuto, Nara-machi)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良町にある頭塔の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:奈良県奈良市高畑町921
  1. 頭塔
  2. 頭塔 入口
  1. 奈良町天神社
  2. 奈良高畑郵便局
 

 
ページ先頭(ならまち:頭塔)へもどる。
ならまち
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.