いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち

庚申堂

いこまいけ高岡

 庚申縁起によれば、文武天皇の御代(西暦700年頃)に疫病が流行し、民衆が苦しんでいた時、元興寺の高僧 護命僧正(ごみょうそうじょう)が仏様に加護を祈っていると、1月7日に至り、青面金剛が現れ「汝の至誠に感じ悪病を祓う」と言って消え去った後、間もなく疫病が治まったと伝えられています。この感徳の日が「庚申の年」「庚申の月」そして「庚申の日」であったといいます。それ以来、この地に庚申堂を建て、青面金剛を祀り、悪病を持ってくると言われる「三尸の虫(さんしのむし)」を退治して健康に暮らせることを念じて、講をつくり、仏様の供養をしたと言い伝えられています。
 
庚申堂(写真:2009年10月24日撮影)
庚申堂
 
身代わり猿(さるぼぼ)
さるぼぼ
 
庚申堂 地図(Map of Koshin-do Temple, Nara-machi)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良町にある庚申堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:奈良県奈良市西新屋町14
  1. 庚申堂
  2. 奈良町資料館
  3. 奈良町物語館
  4. 元興寺 塔跡
  1. 小塔院
  2. 奈良市音声館
  3. 聖光寺
  4. 安養寺
  1. 徳融寺
  2. 誕生寺
  3. 西光院
  1. 鎮宅霊符神社
  2. 杉岡華邨書道美術館
 

 
ページ先頭(ならまち:庚申堂)へもどる。
ならまち
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.