いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち

藤岡家住宅

いこまいけ高岡

 藤岡家住宅(ふじおかけ じゅうたく)は、主屋の建設年代が18世紀後半頃(約300年前)の建物と推定され、間口が6間半の大型の町家です。表構えに商家として古式な揚げ見世・蔀が残り、落棟部分の正面には丸太格子をはめており、また座敷廻りの意匠も洗練され、奈良町の古い商家の町家の典型を示すものです。1998年(平成10年)に解体修理を行い、それに伴い復原整備が行われました。国の重要文化財に指定されています。内部の一般公開はされておらず、見学は道路に面した正面部分だけが可能です。
 藤岡家は、江戸時代には薬種業を営んでいたと伝えられ、以後鉄漿(かね)、鬢付油、ロウソクなどの製造販売などを経て、昭和に入ってからは紙類の商売を行っていました。
 
藤岡家住宅(写真:2009年10月24日撮影)
藤岡家住宅
 
藤岡家住宅 地図(Map of Fujioka-ke House, Nara-machi)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良町にある藤岡家住宅の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:〒630-8332 奈良市元興寺町4番地
  1. 藤岡家住宅
  2. ならまち格子の家
  3. 高林寺
  4. ならまち振興館
  1. 井上神社
  2. 称念寺
  3. 誕生寺
  4. 安養寺
  1. 小塔院
  2. 聖光寺
  3. 砂糖傳
  4. 金躰寺
 

 
ページ先頭(ならまち:藤岡家住宅)へもどる。
ならまち
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.