いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち

法徳寺

いこまいけ高岡

 法徳寺(ほうとくじ)は、奈良市十輪院町にある融通念仏宗の寺院です。山号は「光明山」です。
 本堂に本尊として安置されている木造阿弥陀如来立像(檜材、像高95.7センチメートル)は平安時代の作で奈良市指定文化財となっています。穏やかな表情の仏様で、体の肉どりじゃ緩やかで奥行きが薄く作られています。衣のひだは、整った形に薄く彫られ背面ではひだが省略されています。この様な作風は、平安時代後期(12世紀後半)によく見られる特徴です。また台座には「和州法隆寺地蔵院内仏阿弥陀尊座」と記され、斑鳩にある法隆寺地蔵院からの伝来が考えられます。
 
法徳寺(写真:2009年10月24日撮影)、法徳寺の山門
法徳寺
 
法徳寺 地図(Map of Hotoku-ji Temple, Nara-machi)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に奈良町にある法徳寺の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:奈良県奈良市十輪院町23
  1. 法徳寺
  2. 十輪院
  3. 興善寺
  1. 今西家書院
  2. 金躰寺
  3. 御霊神社
  1. 元興寺 塔跡
  2. 元興寺(世界遺産)
法徳寺の写真
本堂
本堂
観音堂
観音堂
本堂左のお堂
本堂左のお堂
山門右手の寺標石
山門右手の寺標石「融通念仏宗 法徳寺」
 

 
ページ先頭(ならまち:法徳寺)へもどる。
ならまち
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.