いこまいけ高岡 > 小矢部市 > 埴生護国八幡宮

石段

いこまいけ高岡

 埴生護国八幡宮の石段は、社殿へ続く103段の階段です。戦国時代末期に埴生村蓮沼の城主であった遊佐慶親(ゆさ よしちか、越中守護畠山氏の守護代として砺波郡を支配)が寄進したものです。元々は108段あり、「百八の煩悩を踏み消して神様に近づく」とされています。
 
埴生護国八幡宮 石段
 

 
ページ先頭へもどる。
護国八幡宮の見所
 
富山県西部ホテル
富山県西部のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.