いこまいけ高岡 > 高山市 > 飛騨国分寺

三重塔

いこまいけ高岡

 飛騨国分寺の三重塔(さんじゅうのとう、県指定文化財)は、714年(天平13年)に建立された塔婆が起源です。その後、幾たびかの戦乱や自然災害で失われ再建を繰り返しました。現在の三重塔は、1821年(文政4年)に建てられたものです。棟梁は水間相模(みずま さがみ)という人でした。建立当初の屋根は杮葺き(こけらぶき)でしたが、大正11年に桟瓦葺きとなり、昭和53年の修理で銅平板葺きとなりました。飛騨地方では、唯一の寺院塔建築です。塔内には、金剛界・胎蔵界の大日如来(真言密教の教主)を安置しています。
 
本堂から見た飛騨国分寺 三重塔(写真:2009年10月10日撮影)
飛騨国分寺・三重塔
 
相輪
相輪
三層目
三層目
二層目
二層目
初層
初層
飛騨国分寺 三重塔 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に飛騨国分寺 三重塔の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(飛騨国分寺:三重塔)へもどる。
飛騨国分寺の見所
 
高山のホテルと旅館
高山市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.