いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 裏銀座縦走コース

三俣山荘


 三俣山荘(みつまた さんそう)は、北アルプス(飛騨山脈)の裏銀座縦走コースの登山道上にある山小屋です。鷲羽岳三俣蓮華岳の間に位置し、鷲羽岳・三俣蓮華岳の最低鞍部から少し南側の標高 2,545メートルに位置しています。三俣山荘から南へ数分の場所にはテント場(70張り)があります。稜線の山小屋ですが、周辺はハイマツの樹林で三俣蓮華岳側の高い場所に夏でも遅くまで雪渓が残るため水が豊富で、小屋前とテント場に無料の水場があります。水晶岳・鷲羽岳方向へ登山する場合はここが最後の水場です。住所は富山県富山市黒部利割です。2019年現在、携帯電話は使えません、山小屋の電話は衛星電話(20秒100円)です。
三俣山荘公式Webサイト:三俣山荘(北アルプス黒部源流、三俣山荘・雲ノ平山荘・水晶小屋)
 鷲羽岳と三俣蓮華岳への最寄りの山小屋です。三俣山荘から鷲羽岳まで登り 1時間20分、三俣山荘から鷲羽岳/ワリモ岳を経て水晶小屋から水晶岳まで 3時間50分、三俣山荘から鷲羽岳の巻き道(西側山腹の登山道利用)を経て水晶岳まで 3時間です。水晶岳から鷲羽岳・巻き道を経て三俣山荘まで 2時間45分、水晶岳から鷲羽岳を経て三俣山荘まで 3時間15分、鷲羽岳から三俣山荘まで下り 50分です。 三俣山荘から三俣蓮華岳まで登り 50分、逆コースの三俣蓮華岳から三俣山荘まで下り 40分です。 三俣山荘から双六岳を経て双六小屋まで 3時間、三俣山荘から双六岳の巻き道コースを経て双六小屋まで 2時間15分、双六小屋から双六岳の巻き道コースを経て三俣山荘まで 2時間05分、双六小屋から双六岳を経て三俣山荘まで 3時間5分です。 三俣山荘から三俣蓮華岳を経て黒部五郎小舎まで 2時間20分、三俣山荘から三俣蓮華岳の巻き道(北側山腹の登山道を利用)を経て黒部五郎小舎まで 2時間です。黒部五郎小舎から三俣蓮華岳の巻き道を経て三俣山荘まで 2時間30分、黒部五郎小舎から三俣蓮華岳を経て三俣山荘まで 3時間00分です。
 
三俣山荘(写真:2019年7月30日15時59分撮影)
三俣山荘
 
三俣山荘地図:雲ノ平~ワリモ岳/鷲羽岳~三俣山荘における三俣山荘の位置
三俣山荘 地図
 
鷲羽岳 周辺地図(Google Map)
 
三俣山荘 入口(写真:2019年7月30日15時23分撮影)
三俣山荘 入口
 
三俣山荘の鳩(写真:2019年7月30日15時23分撮影)
鳩
 
三俣蓮華岳と三俣山荘(写真:2019年7月30日15時19分撮影)
三俣蓮華岳と三俣山荘
 
三俣山荘ヘリポート(写真:2019年7月31日5時50分撮影)
三俣山荘ヘリポート
 
三俣山荘テント場(写真:2019年7月31日5時52分撮影)、岩とか平坦さの面からみると多少条件が悪いテント場かも知れません。早く到着すれば、石の無い綺麗な地面を確保できますが、遅いと小川の近くとか・・・。天気が良い時は高い場所にテントを張れば「鷲羽岳&三俣山荘・テン場」の素敵な景色を眺められます。
三俣山荘テント場
 

 
裏銀座縦走コース
烏帽子岳三ツ岳野口五郎岳真砂岳水晶岳ワリモ岳鷲羽岳三俣蓮華岳双六岳槍ヶ岳
ページ先頭(北アルプス:鷲羽岳)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.