いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 私の登山道具 > モバイルバッテリー

アンカー Astro M2


 元々は、一眼レフに使用するレンズヒーターのバッテリーとして購入しました。カメラ友達にアンカーのモバイルバッテリーを進められ、その人は「夜の星撮りで長時間使用するなら 10,000mAh以上のバッテリーを買うといいよ」と助言してくれたのですが、登山用に兼用することを考えて、7800mAhの「アンカー Astro M2」をアマゾンで購入しました。
 登山の時は、2泊3日のテント泊でスマホの充電だけであれば、このモバイルバッテリの 7800mAhという容量は、お釣りがくるので安心して使えます。スマホのバッテリー容量を2,500mAhと仮定して(私の Zenfone2Laserは2400mAh)、初日の朝はフル充電状態、1日使って(写真、地図アプリで現在地確認、GPSログ取得)バッテリー残量は30%くらいまで減ります。そして二晩充電となります。充電時の電力損失を30%と仮定します。つまり計算すると、(2,500mAh×2回)/0.7=7,150mAhとなります。実際にはスマホのバッテリーは30%くらい残っているので「7,150mAh」も必要ないとおもいます。この「アンカー Astro M2」はバッテリー容量が 7800mAh、自宅で残量 0%からフル充電まで実験したところ、感覚的にですが、2回半は充電出来て、3回充電は怪しいかな、といった感じでした。スマホへの充電は、そこそこ早く2時間もあればフル充電になります。ただし、モバイルバッテリー自体への充電には時間がかかります。入力は 1A(最大、単位を揃えて書くと 1000mA)のため、7800mAhの容量なら普通に考えて、7.8時間は必要です。実際に充電しても8時間くらいはかかります。
公式WebサイトAnker | Astro M2 | White
 
アンカー社製モバイルバッテリー「Astro M2」、照明の関係で色が赤っぽいですが、完全な白色、外殻は光沢のあるプラスチック製です。
アンカー Astro M2
 
アンカー Astro M2 について、アンカーWebサイトより引用
製品説明
安心の大容量:もう電池切れの心配をする必要はありません。7800mAhの容量により、iPad Airを0.5回以上、iPhone 6を3回、Galaxy S5のような大容量端末に2回充電できます。
こだわりの携帯性:コンパクトな形状で、わずか23mm。通勤カバン、ハンドバッグ、ジーンズのポケット、どこにでも収まりがよく、持ち運びにとても便利です。
抜群の充電スピード:2つの充電ポートにより、iPad、iPhone、Androidなどへ2台同時に急速充電が可能です。合計出力は2.1Aで、PCのUSBポートからの充電に比べて、約4倍程度速く充電が可能です。
仕様
容量:7800mAh
入力:5V / 1A
Androidポート出力:5V / 1A
Appleポート出力:5V / 2.1A
合計出力:5V / 2.1A
サイズ:約105 × 60 × 23mm
重さ:約191g
型番:79ANM2-WA

 
 と言う事で、購入したアンカーのAstro M2を詳しく見ていきます。
裏面左下、電気的特性
SN: 0XCB3W
Model: 79ANM2-WA
Capacity: 7800mAh
Input: DC 4.8〜5.4V Max 1A
Output: For Android For Apple
裏面右下、リサイクルマーク
各種のリサイクルマーク
日本語で「アンカー・ジャパン株式会社」と印字されているので日本向けの製品のようですね。
製品側面、入出力端子
入力は USB(Micro-B)メス 1端子、出力は USB(A)オス 2端子、出力はアンドロイド用とアップル用に分けられています。私はアンドロイド端末なので誤使用防止にアップル側はテープで塞いでいます。
LED点灯
電源ボタン長押しでLEDが点灯します。直視するとかなり明るいです。ただし電気が勿体ないので、山で懐中電灯(もしくはヘッドランプ)代わりに使う気にはなりません。
付属ケーブル
付属ケーブル 65cm
付属の袋
付属の袋
自作の銀シート袋
低温対策、自作の銀シート袋
収納状態
モバイルバッテリーを袋に収納
 

 
私のモバイルバッテリー
アンカー パワーコア 13000アンカー Astro M2エネループエネループ充電器
ページ先頭(モバイルバッテリー:アンカー Astro M2)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.