いこまいけ高岡 > 高岡大仏 > 大仏様のお顔

白毫

いこまいけ高岡

 白毫(びゃくごう)は、仏(如来・菩薩)の眉間のやや上に生えているとされる白く長い毛です。右巻きに丸まっており、伸ばすと1丈5尺(約4.5メートル)の長さがあるとされ、光を放ち世界を照らすとされる。三十二相(仏の身体に備わっている特徴)の31番目です。仏像で表現される時は、丸い膨らみで表され、水晶・真珠などの宝石が嵌め込まれます。最近だとガラスやアクリル樹脂なども・・・。高岡大仏の白毫の大きさは直径15センチです。
 
白毫
 

 
ページ先頭(高岡大仏:白毫)へもどる。
高岡大仏
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.