いこまいけ高岡 > 高岡大仏

全体像

いこまいけ高岡

 基壇部分は、入堂可能です。周回式になっており、壁面には1952年(昭和27年)当時の高岡在住日本画家達による仏画が飾られています。さらに基壇中央部には、1900年(明治33年)の大火で焼失した木造大仏の頭部が安置されています。
高岡大仏の大きさは、
全体の高さ 15m85cm
座体の高さ 7m43cm
総重量 65トン
青銅使用量 13,125kg
 
蓮弁の幅 1m21cm
蓮弁の長さ 2m
蓮弁の数 64枚
の長さ 2m27cm
白毫の直径 15cm
螺髪の直径 9cm
螺髪の数 648個
肉髻の直径 45cm
の長さ 36cm
鼻孔の直径 30cm
の長さ 1m21cm
の長さ 60cm
の長さ 2m12cm
指の太さ 64cm
光背の外径 4m54cm
光背の内径 3m64cm
光背の幅 45cm
光背の厚さ 15cm
高岡大仏 全体像
 

 
ページ先頭(高岡大仏:全体像)へもどる。
高岡大仏
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.