いこまいけ高岡 > 伏木 > 勝興寺

勝興寺 書院


中世から近世にかけて確立された住宅建築様式である「書院造」となっています。書院のある本坊は、正面に大広間と式台を置き、大広間後方には書院と奥書院を、式台後方には台所があります。書院造の典型例である雁行状に配置されています。大広間は近世初期の遺構です。バタバタに見えるのは修復工事中のためです。
 
勝興寺 書院
 

 
勝興寺の見所
勝興寺の七不思議唐門本堂経蔵納骨堂鐘楼宝蔵鼓堂式台門大広間と式台御霊屋書院
ページ先頭(勝興寺:書院)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.