いこまいけ高岡 > 射水市 > やんさんま

神幸式

いこまいけ高岡

 神幸式(しんこうしき)は、神様が神社の本殿から出て、拝殿の向かい側にある御旅所へ渡御される行列です。通常の神事で神様が渡御されるときは神輿での渡御が一般的ですが、やんさんま祭りでは神輿が無く「神様自ら」が渡御します。神幸式の行列は、先頭が花籠を頭にした赤色の幡、次いで天狗、花笠童子(獅子とり)、獅子舞、楽人、流鏑馬の矢、獅子頭、神職、神様の依り代となっています。神幸式の次ぎは、境内で行われる神馬式です。
 
神幸式(写真:2009年5月4日撮影)
神幸式
 

 
ページ先頭(やんさんま祭り:神幸式)へもどる。
やんさんま祭り
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.