いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 航空自衛隊

99式空対空誘導弾(AAM-4)


 99式空対空誘導弾(AAM-4)は、国産のアクティブ・レーダー誘導方式(目標に電波ビームを照射することによりミサイルを誘導する方式)ミサイル(AIM-7M スパローの後継)です。多目標同時対処能力があり、対艦・対地巡航ミサイルの迎撃も可能です。
 
99式空対空誘導弾(AAM-4)(写真:2009年11月1日 小松基地・航空祭にて撮影)
99式空対空誘導弾(AAM-4)
 
F-15Jに爆装された99式空対空誘導弾(AAM-4、写真:2010年10月3日撮影、小松基地航空祭 2010にて)
F-15Jに爆装された99式空対空誘導弾(AAM-4)
 
名称:99式空対空誘導弾(Mitsubishi Type 99 air-to-air missile)
用途:空対空中射程ミサイル
全長:3.667メートル
直径:20.3センチメートル
翼幅:80センチメートル
重量:222キログラム
最大射程:約100キロメートル(推定)
製作:三菱電機、IHIエアロスペース(推進装置)、小松製作所(弾頭)
 

 
航空自衛隊 航空機の兵装
90式空対空誘導弾(AAM-3)、 99式空対空誘導弾(AAM-4)、 04式空対空誘導弾(AAM-5)、 AIM-7M スパロー(空対空中射程ミサイル)、 AIM-9L サイドワインダー(空対空短射程ミサイル)、 Mk82/500ポンド無誘導爆弾機関砲装置 GAS
ページ先頭(航空自衛隊:99式空対空誘導弾(AAM-4))へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.