いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 > 汎用護衛艦あさぎり

3連装短魚雷発射管


 3連装短魚雷発射管(Torpedo Tube)は、近距離にいる潜水艦を攻撃するための魚雷を発射する兵器です。西側の海軍の多くの艦船に搭載されています。汎用護衛艦あさぎりには、左舷と右舷の中ほどに装備されています。対潜水艦用魚雷は発射されると電池で水中を航走し、主として音響(スクリュー音)を探知し目標の潜水艦に命中します。
 
3連装短魚雷発射管(写真:2015年8月1日撮影)
3連装短魚雷発射管
 
詳細な説明と写真は「68式324mm 3連装短魚雷発射管」をご覧ください。
 

 
汎用護衛艦あさぎり
艦首艦橋内部艦橋上 露天甲板メインマスト第1煙突第2煙突ヘリコプター格納庫ヘリコプター格納庫上甲板第2マスト艦尾
62口径76mm単装速射砲81式射撃指揮装置2型22高性能20mm機関砲アスロック連装発射機シースパロー短SAM 8連装発射機81式射撃指揮装置2型12ハープーン発射筒3連装短魚雷発射管12.7ミリ機関銃 銃架
ページ先頭(汎用護衛艦あさぎり:3連装短魚雷発射管)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.