いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊

68式324mm 3連装短魚雷発射管


 68式324mm 3連装短魚雷発射管は、近距離の海中に潜む潜水艦を攻撃するための魚雷を発射する対潜水艦兵器です。
 護衛艦の両舷に1基ずつ装備されており、通常は首尾方向と同一線上に固定して置かれ、短魚雷を発射するときに人力で発射管を海側の敵潜水艦のいる方向に旋回させ、高圧の圧縮空気で短魚雷を射出します。射出された短魚雷は、水中で自ら目標を探索し、命中し潜水艦を撃破します。
 発射管は、3本が1セットの3連装(俵積み形 = 三角)となっており、それぞれの発射管に1本の短魚雷が装填されています。短魚雷発射管は、艦舷に置かれ、海からの波浪がかかるため魚雷を海水から守るため水密構造になっています。海上自衛隊の全ての護衛艦に装備されており、大きく分けると「HOS-301」「HOS-302」「HOS-303」の3つのバージョンがあります。
 
68式3連装短魚雷発射管(写真:2007年8月2日 護衛艦あぶくま にて撮影)
68式3連装短魚雷発射管
 
68式3連装短魚雷発射管 各構成部の写真
短魚雷発射管 前部
短魚雷発射管 前部
短魚雷発射管 後部
短魚雷発射管 後部
前部手入口
前部手入口
発射用接続箱
発射用接続箱
後部手入口
後部手入口
電磁弁箱
電磁弁箱
発射管旋回用ハンドル
発射管旋回用ハンドル
短魚雷発射管 架台
短魚雷発射管 架台
防盾
防盾
銘板と注意書き
銘板と注意書き
安全守則
安全守則
 
68式324mm 3連装短魚雷発射管 性能諸元
海上自衛隊の護衛艦に搭載されている68式3連装短魚雷発射管
 

 
海上自衛隊の兵装
76mm単装速射砲5インチ単装砲Mk13ミサイル発射機Mk41ミサイル発射機SeaRAM短SAM発射機アスロック発射機ハープーン発射機90式艦対艦誘導弾発射筒3連装短魚雷発射管高性能20mm機関砲20mm機関砲(JM61-M)
ページ先頭(海上自衛隊:68式3連装短魚雷発射管)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.