いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊

アスロック発射機


 アスロック発射機(アスロックランチャー、ASROC launcher)は、艦載用対潜ミサイル「アスロック(ASROC = Anti Submarine ROCket)」を発射し、遠距離の水中に潜む敵潜水艦を攻撃・撃沈するための対潜兵器です。日本やアメリカをはじめとした西側諸国の海軍の多くの艦船に搭載されています。このアスロック発射機には、魚雷(アスロック)を装填するための「セル」と呼ばれる区画が8個あり、魚雷を8発装填することができます。8連装で2連装単位で4分割され(上下で一組となる4セット)それぞれ上下角度(仰角)を変えることが出来ます。アスロックは、短魚雷の後方に飛翔用ロケットを取り付けた構造をしています。発射の際は、セル前側の観音開きのドアが開き、発射レール(線路)が伸長し、魚雷を発射します。8発全て撃ち尽くした後は、ランチャー後方の弾薬庫(アスロック弾庫)から魚雷を補充します。アスロック発射機から発射された艦載用対潜ミサイルのアスロックは、空中を放物線状に飛翔し目標海面上空でパラシュートを開き、海面に着水し、水中の潜水艦を探知・攻撃します。使用可能な魚雷は、Mk-44、Mk-46、73式魚雷となっています。
 
アスロック発射機(写真:2007年8月2日 護衛艦あぶくま にて撮影)
アスロック発射機
 
側面から見たアスロック発射機(写真:2008年8月3日 汎用護衛艦はまゆき にて撮影)  
側面から見たアスロック発射機
74式アスロック8連装発射機 諸元
  • 長さ:5.0メートル
  • 高さ:4.6メートル
  • 幅:4.0メートル
  • 重量:23トン
  • 旋回可能範囲:180°
  • 俯抑可能範囲:-3°~+85°
  • 操作人員:3名
艦載用対潜ミサイル「アスロック」性能諸元
  • 全長:2.5メートル
  • 直径:30センチメートル
  • 重量:450kg
  • 有効射程:9km
  • 空中速力:マッハ1
アスロック発射機の詳細写真
ランチャー前部扉
ランチャー前部扉
ランチャー尾部
ランチャー尾部
ランチャー上面
ランチャー上面
ランチャー架構
ランチャー架構
ランチャー基部
ランチャー基部
グリセリン-水 混合液
グリセリン-水 混合液
アスロック弾庫装填扉
アスロック弾庫装填扉
アスロック弾薬庫ハッチ
アスロック弾薬庫ハッチ
アスロックミサイル運搬用ウインチ
ミサイル運搬用ウインチ
安全守則
安全守則
 
海上自衛隊の護衛艦に搭載されるアスロック発射機
 

 
海上自衛隊の兵装
76mm単装速射砲5インチ単装砲Mk13ミサイル発射機Mk41ミサイル発射機SeaRAM短SAM発射機アスロック発射機ハープーン発射機90式艦対艦誘導弾発射筒3連装短魚雷発射管高性能20mm機関砲20mm機関砲(JM61-M)
ページ先頭(海上自衛隊:アスロック発射機)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.