いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 > ミサイル搭載護衛艦 しまかぜ

74式アスロック8連装発射機


 74式アスロック8連装発射機(アスロックランチャー、ASROC launcher)は、艦載用対潜ミサイル「アスロック(ASROC = Anti Submarine ROCket)」を発射し、遠距離の水中に潜む敵潜水艦を攻撃・撃沈するための対潜兵器です。西側の海軍の多くの艦船に搭載されています。このアスロック発射機には、魚雷(アスロック)を装填するための「セル」と呼ばれる区画が8個あり、魚雷を8発装填することができます。発射の際は、セル前側の観音開きのドアが開き、発射レール(線路)が伸長し、魚雷を発射します。8発全て撃ち尽くした後は、ランチャー後方の弾薬庫から魚雷を補充します。アスロックは、このランチャーから発射され、空中を飛翔し目標海面上空でパラシュートを開き着水し、水中の潜水艦を探知・攻撃します。
 
74式アスロック8連装発射機(写真:2010年8月1日 伏木港祭りにて撮影)
74式アスロック8連装発射機
 
発射筒上部
露天艦橋から見た発射筒上部
発射筒尾部
発射筒尾部(スピーカーに見えました)
 
74式アスロック8連装発射機 諸元
魚雷(アスロック・ミサイル)性能諸元
詳細な説明と写真は「74式アスロック8連装発射機」をご覧ください。
 
海上自衛隊の護衛艦に搭載されるアスロック発射機
 

 
護衛艦 しまかぜ
54口径5インチ単装砲砲射撃指揮装置アスロック8連装発射機Mk13発射機ミサイル射撃指揮装置ハープーン発射機3連装短魚雷発射管ファランクスCIWS12.7ミリ機関銃 銃架OPS-11C 対空レーダーOPS-28B 対水上レーダーOPS-20 航海用レーダーSPS-52C 三次元レーダー電波探知妨害装置チャフ発射機 Mk 137高速小型水上標的1型イカリスライディング・パッドアイ
ページ先頭(護衛艦 しまかぜ:74式アスロック8連装発射機)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.