いこまいけ高岡 / 自衛隊
いこまいけ高岡 > 自衛隊 > 海上自衛隊 > ミサイル搭載護衛艦 しまかぜ

ファランクスCIWS(高性能20mm機関砲)


 ファランクスCIWS(高性能20mm機関砲)は、アメリカのレイセオン・システムズ社によって開発された艦載近距離防空システム(CIWS = Close In Weapon System)です。CIWSは、艦に接近する敵のミサイルや低空で進入する高速航空機に対して捜索から撃破まで完全自動で行う防空システムであり、艦における最終防衛手段です。後部両舷に計2基搭載されています。
 
ファランクスCIWS(高性能20mm機関砲)(写真:2010年8月1日 伏木港祭りにて撮影)
ファランクスCIWS(高性能20mm機関砲)
 
6砲身ガトリング砲
6砲身ガトリング砲
弾丸ドラム
弾丸ドラム
 
高性能20mm機関砲 性能諸元
ファランクスCIWSの詳細な説明と写真については「高性能20mm機関砲」をご覧下さい。
 
海上自衛隊の護衛艦に搭載されている高性能20mm機関砲(ファランクスCIWS)
 

 
護衛艦 しまかぜ
54口径5インチ単装砲砲射撃指揮装置アスロック8連装発射機Mk13発射機ミサイル射撃指揮装置ハープーン発射機3連装短魚雷発射管ファランクスCIWS12.7ミリ機関銃 銃架OPS-11C 対空レーダーOPS-28B 対水上レーダーOPS-20 航海用レーダーSPS-52C 三次元レーダー電波探知妨害装置チャフ発射機 Mk 137高速小型水上標的1型イカリスライディング・パッドアイ
ページ先頭(護衛艦 しまかぜ:ファランクスCIWS(高性能20mm機関砲))へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.