いこまいけ高岡 > 金沢市 > 茶屋街

にし茶屋街

いこまいけ高岡

 にし茶屋街は、加賀藩の藩政時代(文政3年=1820年)に金沢城下への入口にあたる北国街道の犀川大橋界隈に開かれた茶屋町です。金沢三大茶屋街(ひがし茶屋街、主計町茶屋街)の一つです。にし茶屋街の見所は。「西茶屋資料館」と「西検番事務所(芸妓さんの稽古場、大正11年建築、国の登録有形文化財)」です。
 お茶屋の建物自体に古いものはなさそうで、にし茶屋街だけを目当てに来るとちょっと残念な思いをするかもしれません。「金沢の3つの茶屋町を全て見たい」とか「長町武家屋敷跡からそぞろ歩き」などが良いと思います。近くには犀川大橋や室生犀星記念館などがあります。
 
にし茶屋街
 
西茶屋資料館
西茶屋資料館
西検番事務所
西検番事務所
 
にし茶屋街地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所ににし茶屋街の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:石川県金沢市野町二丁目
駐車場:にし茶屋観光駐車場(有料)、にし茶屋街へ徒歩1分

 
ページ先頭へもどる。
金沢の茶屋街
 
金沢のホテルと旅館
金沢市のホテルと旅館

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.