いこまいけ高岡 / 京都の近代建築編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 京都市の近代建築物 > 東山区の近代建築 > 京都国立博物館

京都国立博物館 技術資料参考館


 京都国立博物館にある技術資料参考館は、旧恩賜京都博物館陳列品収納用倉庫として1930年(昭和5年)に建てられました。本館(特別展示館)東南の高台に建っています。寄棟造桟瓦葺き屋根で鉄筋コンクリート造2階地下1階建、東西に長い矩形平面で、西面に庇付の玄関が設けられています。スクラッチタイル貼とし、柱や梁の構造を表し、南面に大きく方形の窓、北面に縦型窓を各階に開け、端正でリズム感ある外観を形成しています。国登録有形文化財(第26-0291号)となっています。
 
旧帝国京都博物館 技術資料参考館(写真:2008年11月12日撮影)
京都国立博物館 技術資料参考館
 
京都国立博物館 技術資料参考館 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都国立博物館 近代建築物の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
京都国立博物館の近代建築物
本館本館の三角破風表門札売場及び袖塀技術資料参考館
ページ先頭(京都国立博物館の近代建築物:技術資料参考館)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.