いこまいけ高岡 / 京都編
いこまいけ高岡 > 京都市 > 哲学の道 > 南禅寺

南禅寺 法堂


 南禅寺の法堂(はっとう)は、法式行事や公式の法要が行われる南禅寺の中心となるお堂です。創建時の法堂は応仁・文明の乱で焼失し、1479年(文明11年)頃に再建され、その後、江戸時代初期の1606年(慶長11年)に豊臣秀頼の寄進により大改築されました。明治時代中期の1895年(明治28年)の失火により全焼し、現在の法堂は1909年(明治42年)に再建されたものです。現在の法堂の内部は、須弥壇上中央に本尊釈迦如来、右側に獅子に騎る文殊菩薩、左側に象に騎る普賢菩薩の三尊像が安置されています。床全面が敷瓦です。天井には今尾景年(明治時代から大正時代にかけて活躍した四条派の日本画家)の幡龍図が描かれています。
 
南禅寺 法堂(写真:2015年11月20日16時12分撮影)
南禅寺 法堂
 
南禅寺 法堂 地図(Map of Hatto Hall, Nanzen-ji Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に京都の南禅寺にある法堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
法堂と周辺の伽藍および見所
1. 三門:国重文
2. 法堂
3. 庫裏(本坊)
4. 式台
5. 方丈:国宝
6. 龍渕閣
7. 南禅僧堂
8. 天授庵
9. 正因庵
10. 疎水・水路閣
 
法堂の天井画(写真:2017年1月29日撮影)
法堂の天井画
 

 
南禅寺の伽藍と観光名所
三門勅使門法堂庫裏式台中門疎水・水路閣境内地図
ページ先頭(南禅寺:法堂)へもどる。
Copyright © 2006-2020 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.