いこまいけ高岡 > 近代建築物 > 東京 > 江東区

明治丸

いこまいけ高岡

 明治丸は、工部省の灯台視察船としてイギリスへ発注したもので、のち商船学校へ移管、係留練習船として使用され、現在は東京海洋大学の越中島キャンパス内に陸上定置されています。木船より鋼船に移行する段階の鉄製の補助帆付汽船で当時の造船技術を知る上に恰好の遺品です。その頃日本が所有した鉄船としては最大のもので、歴史的意義も大きいです。かなり改造を受けてはいますが船骨及び船体、中甲板の士官室等は当初のまま残されています。
 
文化財指定:国の重要文化財(1978年(昭和53年)5月31日指定)
構造:鉄製、三牆シップ型帆船
建築年:1874年(明治7年)
 
明治丸 地図(橙色ポインター「1」の場所が明治丸です)
地図の赤線は、JR京葉線 越中島駅から明治丸までの道順です。
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に明治丸の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
住所:東京都江東区越中島2丁目1番6号(越中島キャンパス)
最寄交通機関:JR京葉線 越中島駅
  1. 明治丸:1874年(明治7年)、国の重要文化財
  2. JR京葉線 越中島駅
  3. 東京海洋大学 1号館:1932年(昭和7年)、国登録有形文化財
  4. 東京海洋大学 旧天体観測所(第一観測台):1903年(明治36年)、国登録有形文化財
  5. 東京海洋大学 旧天体観測所(第二観測台):1903年(明治36年)、国登録有形文化財
  6. 東京海洋大学 事務局管理棟:1932年(昭和7年)、国登録有形文化財
  7. 東京海洋大学 越中島会館(2号館):1933年(昭和8年)、国登録有形文化財
 

 
ページ先頭(東京都江東区の近代建築:明治丸)へもどる。
東京の近代建築
 
東京のホテル
東京のホテル

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.