いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > 春日大社

水谷神社

いこまいけ高岡

 水谷神社(みずや じんじゃ)は、春日大社の摂社で、水谷川の近く、春日大社境内の東端(水谷道沿い)に位置しています。現在の祭神は、素盞鳴命(すさのおのみこと)・大巳貴命(おほむなむみのみこと=大国主命)・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと=クシナダヒメ=櫛名田比売)です。疫病や難病を祓い病魔退散の神様で、病気平癒や子授けのご利益があります。例祭は4月5日で、通称「水谷神社鎮花祭」として親しまれています。なお平安時代から江戸時代末期までは、祇園精舎の守護神で医薬の神として信仰される「牛頭天王(ごずてんのう)」が祀られていました。明治維新の廃仏毀釈により現在の神様に代わっています。
 
水谷神社(写真:2009年10月24日撮影)
水谷神社
子授石
子授石
水谷神社の寄生木
水谷神社の寄生木:イブキと杉
 
水谷神社 地図(Map of Mizuya-jinja Shrine, Kasuga-taisha Shrine)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に水谷神社の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(春日大社:水谷神社)へもどる。
春日大社
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.