いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち > 徳融寺

徳融寺 本堂

いこまいけ高岡

 本堂は、1667年(寛文7年)に休岸上人によって再建された建物です。奈良県指定有形文化財に指定されています。本堂に安置されている木造阿弥陀如来立像は、源頼朝公の妻 北条政子の念持仏であったと伝えられています。
 
徳融寺 本堂(写真:2009年10月24日撮影)
徳融寺 本堂
 
徳融寺 本堂 地図(Map of Hondo(Main hall), Tokuyu-ji Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に徳融寺にある本堂の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 東門
  2. 中門
  3. 本堂
  1. 鐘楼
  2. 毘沙門堂
  3. 観音堂
  1. 地蔵堂
  2. 豊成公と中将姫の石塔
本堂正面右手にある大屋根修復記念の石碑(碑文は作家 若杉彗 筆)
大屋根修復記念の石碑
 

 
ページ先頭(徳融寺:本堂)へもどる。
徳融寺
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.