いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち > 徳融寺

徳融寺 豊成公と中将姫の石塔

いこまいけ高岡

 豊成公と中将姫の石塔は、観音堂の裏手にある庭にあります。観音堂を背にして、右側が藤原豊成公の石塔、左側が中将姫の石塔です。この2基の石塔は、鎌倉時代に造られたと考えられている宝篋印塔(ほういんきょうとう)です。宝篋印塔は、墓塔・供養塔として中世以降に盛んに造られた仏塔の一種です。藤原豊成公と中将姫の石塔の間には、鎌倉時代中期の作とされる四面石仏の石碑があります。正面が薬師如来、右廻りに釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒菩薩が彫られています。
 この豊成公中将姫の宝篋印塔は、一説に墓塔ともいわれ、歌舞伎「中将姫雪責」などが公演される時には役者や関係者が徳融寺へ参り舞台の成功を祈願したと伝えられています。石塔の柱面に役者名が残っています。
 
徳融寺 豊成公と中将姫の石塔(写真:2009年10月24日撮影)
徳融寺 豊成公と中将姫の石塔
 
徳融寺 豊成公と中将姫の石塔 地図(Map of Stone pagoda of Fujiwara toyonari and Cyujohime, Tokuyu-ji Temple)
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に徳融寺にある豊成公と中将姫の石塔の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
  1. 東門
  2. 中門
  3. 本堂
  1. 鐘楼
  2. 毘沙門堂
  3. 観音堂
  1. 地蔵堂
  2. 豊成公と中将姫の石塔
豊成公中将姫の宝篋印塔の写真
中将姫の石塔
中将姫の石塔
藤原豊成公の石塔
藤原豊成公の石塔
四面石仏
四面石仏
 

 
ページ先頭(徳融寺:豊成公と中将姫の石塔)へもどる。
徳融寺
 

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.