いこまいけ高岡 > 奈良県 > 奈良市内 > ならまち

中将姫

いこまいけ高岡

 中将姫(ちゅうじょうひめ)は、右大臣藤原豊成の娘とされています。天平19年8月18日(747年9月30日)に生まれ、宝亀6年3月14日(775年4月22日)に亡くなったとされていますが、実在したかは定かでなく伝説上の人物です。天皇から中将の位を賜ったため、中将姫と呼ばれていると伝えられています。中将姫は當麻寺で出家し、29歳の時に生身の阿弥陀仏と二十五菩薩が現れ、西方極楽浄土へと旅立ったとされています。
 「継母にいじめられ暗殺されそうになった」「当麻寺に入り尼となり仏行に励んで、徳によって仏の助力を得て、一夜で蓮糸で当麻曼荼羅(観無量寿経の曼荼羅)を織った」などの中将姫伝説が残されています。中将姫伝説は、中世以降に「継子いじめ」を題材として能、浄瑠璃、歌舞伎などに多く取り入れられました。
 
中将姫ゆかりの寺院
 

 
ページ先頭(ならまち:中将姫)へもどる。
ならまち
 

Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.