いこまいけ高岡

高岡開町400年

いこまいけ高岡

 今年(2009年)は、高岡開町400年の記念すべき年です。歴史をひも解くと、今を去ること四百年前の1609年9月13日に前田利長によって高岡城が築城され、高岡の町が開かれました。1615年の一国一城令により高岡城が廃城になるも、利長公が商業都市として育てたことにより高岡は城が無くなった後も高岡銅器や漆器に代表される商工業が栄えました。明治維新後も繁栄が続き1889年(明治22年)には市制が施行され、日本初の市(全国36都市)の一つとして「高岡市」が誕生しました。残念なのは、戦前までは富山市と肩を並べていたのですが戦後になり・・・で、現在では富山市から見ると格下の都市に成り下がったことです。
キャラクター:利長くん
2009年 高岡開町400年 利長くん
大判焼になった「利長くん」
大判焼

高岡開町400年 記念行事

なお上記以外にも細かな記念行事もあります。そして、日本海高岡なべまつり、高岡御車山祭、伏木けんか山祭、高岡・戸出七夕まつり 、伏木港まつり、中田かかし祭、つくりもんまつり 、高岡万葉まつり、御印祭などの毎年行われている祭りにおいても記念イベントがあるようです。
 
 4月1日(水)に「春爛漫くじ(全国自治宝くじ 第557回)」が発売されました。高岡開町400年に関連した意匠で、券面には「利長くん」「高岡開町400年のロゴ」「高岡古城公園」「高岡御車山祭」がデザインされています。
春爛漫くじ 2009 高岡開町400年(富山県)
 

 
ページ先頭(高岡開町400年)へもどる。
高岡の観光ポイント

Copyright © 2006-2011 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.