いこまいけ高岡 > 高山市 > 飛騨国分寺

大銀杏

いこまいけ高岡

 飛騨国分寺の大銀杏(おおいちょう、国指定天然記念物)は、飛騨国分寺の本堂鐘楼門の間にある樹齢1250年の雄株の大イチョウです。たくさん垂下する気根(空気中に出る根)を乳房に見立て、「乳イチョウ」とも呼ばれています。乳の出ない母親がここにお参りをすると乳がよく出るといわれており、根元には子育地蔵尊が祀られています。大きなイチョウの木なので秋の紅葉が素晴らしく「飛騨 美濃 紅葉三十三選」の一つに選ばれています。
 
飛騨国分寺 大銀杏(写真:2009年10月10日撮影)
飛騨国分寺 大銀杏
 
大銀杏の気根(写真中央部)
大銀杏の気根
 
飛騨国分寺 大銀杏 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に飛騨国分寺 大銀杏の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(飛騨国分寺:大銀杏)へもどる。
飛騨国分寺の見所

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.