いこまいけ高岡 > 高山市 > 高山城跡 > 照蓮寺

照蓮寺 中門

いこまいけ高岡

 照蓮寺の中門は、1574年(天正2年)に建立された桁行3.13メートル、梁間2.66メートル、単層切妻造、銅板葺の四脚門です。両端4本の角柱と中央円柱頭部の冠木とが敷梁でつながり、組物は無く、棟束(むなづか)に折かたの繰形があるだけの極めて簡素な建物です。天正の建築であるために、1504年(永正元年)に建立された本堂とは異なった様式・手法となっています。勅使門とも呼ばれました。飛騨地方最古の門であることが評価され、岐阜県指定重要文化財となっています。
 
照蓮寺 中門(写真:2009年10月10日撮影)
照蓮寺 中門
 
照蓮寺 中門 地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に照蓮寺 中門の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 

 
ページ先頭(照蓮寺:中門)へもどる。
中野照蓮寺

Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.