いこまいけ高岡 / 高山
いこまいけ高岡 > 高山市 > 高山城跡

照蓮寺


 照蓮寺(しょうれんじ)は、真宗大谷派高山教区高山一組に属する寺院です。通称は「中野照蓮寺」です。1253年(建長5年)に親鸞の教えを受けた嘉念坊善俊(後鳥羽上皇の子または孫と伝えられる人物)が美濃国長滝から飛騨国白川郷鳩ヶ谷(現 岐阜県大野郡白川村)に入り、建立した「正蓮寺」が照蓮寺の起源とされています。
 1504年(永正元年)に建立された「本堂」は国の重要文化財、1574年(天正2年)に建立された「中門」と「建武元年三月十二日」「飛州安國寺」の銘が入った「梵鐘」は岐阜県重要文化財に指定されています。また、中野照蓮寺に隣接した場所には「福来博士記念館」があります。福来友吉博士は、念写や透視など超能力を研究した人物です。
 戦国時代には、浄土真宗の勢力が飛騨でも大きくなり、正蓮寺の僧「教信」は還俗し「三島将監」を名乗り勢力を拡大していきました。三島氏とこの地を治める帰雲城城主内ヶ島氏は勢力争いで対立し、1488年(長享2年)帰雲城城主内ヶ島為氏により正蓮寺が焼き討ちにあい、三島将監は戦死、弟の明教はかろうじて逃げ延びました。明教の子である正蓮寺第十世明心は、内ヶ島為氏と和睦し、1504年(永正元年)、飛騨国白川郷中野(現 高山市荘川町中野)に寺院を復興し、「正蓮寺」から「光曜山 照蓮寺」と改称しました。内ヶ島氏と手を結んだことにより「照蓮寺」の勢力は拡大し、三木氏の後に飛騨国を治めた金森長近はそれを恐れ、1588年(天正16年)、高山城城下の鉄砲町に「照蓮寺」を移転させました。移転後も白川郷中野には、正蓮寺開基善俊の墓と本堂が残されました。これにより照蓮寺は二つとなり、高山城城下の寺を「光曜山 照蓮寺」、白川郷中野の寺を「心行坊」と呼ぶようになりました。明治の初めごろに本山に改称を願い出て、「心行坊」から「照蓮寺」と公称するようになりました。1961年(昭和36年)御母衣ダムによる水没のため、白川郷中野から現在地の高山市堀端町に移転しました。
 
照蓮寺(写真:2009年10月10日撮影)、本堂
照蓮寺
本堂
本堂
鐘楼
鐘楼
中門
中門
正蓮寺開基善俊の墓
正蓮寺開基善俊の墓
鼓楼
鼓楼
 
照蓮寺 地図、照蓮寺 境内地図
 
照蓮寺データ 読み込み中 .....
 
この場所に照蓮寺の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで照蓮寺表示できる場合があります。
住所:岐阜県高山市堀端町8(城山公園)
 
城山公園
  1. 照蓮寺
  2. 高山城 本丸跡
 

 
高山城跡
地図本丸号砲平 塩蔵中佐平照蓮寺
飛騨高山の観光名所
高山陣屋飛騨国分寺古い街並み春の高山祭秋の高山祭飛騨民俗村 飛騨の里飛騨高山美術館飛騨東照宮高山城跡高山の近代建築物新穂高ロープウェイ奥飛騨温泉郷乗鞍スカイライン荘川桜
ページ先頭(城山公園:照蓮寺)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.