いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山 > 上高地ハイキング

田代池


 田代池(たしろいけ)は、大正時代の1915年(大正4年)6月に焼岳の噴火により流れ出た溶岩が梓川左岸の支流である千丈沢をせき止めたことで形成された池です。六百山や霞沢岳などの山々に降った雨が砂礫層を通る伏流水となり田代池に湧き出しています。1915年(大正4年)には深さ5メートルもあった池ですが、涸れた植物や大雨で流れ込んだ土砂の蓄積で年々池が埋まり、現在の田代池はその大部分が湿原となっています。
 2015年7月23日に田代池を訪れた時は、生憎の雨模様(強い雨)で、田代池と思われる場所は川が流れていました。近くには湿原があり、晴れて山が見えれば、イイ感じの写真を撮れそうな景色でした。
 
田代池、晩秋の朝の光景(写真:2017年10月27日8時53分撮影)、ようやく稜線に太陽が昇り光が入りだした田代池の木々
田代池
 

 
田代池地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北アルプスの上高地にある田代池の地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
田代池と周辺の見所およびホテル
1. 大正池大正池ホテル:標高 1500メートル
2. 田代池と田代湿原:標高 1496メートル
3. 田代橋:標高 1,499m
4. 上高地帝国ホテル:標高 1,506m
5. ウェストン碑:標高 1,500m
6. 上高地バスターミナル:標高 1505メートル
7. 河童橋:標高 1506メートル
 
2017年晩秋、朝日輝く田代池(写真:2017年10月27日8時55分撮影)
朝日輝く田代池
 
2015年夏、田代池(写真:2015年7月23日10時12分撮影)、雨が降っていたので池と言うより川でした、田代川?
田代池
 
田代池近くの湿原(写真:2015年7月23日撮影)、背景に山が見えていれば上高地らしい写真になりそうです。
田代池近くの湿原
 
環境省設置「田代池と湿原」説明板(写真:2015年7月23日撮影)
環境省設置「田代池と湿原」説明板
 

 
ページ先頭(上高地:田代池)へもどる。
Copyright © 2006-2018 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.