いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > ハイキングと登山

上高地ハイキング


 上高地(かみこうち)は、長野県西部に位置(松本市)する北アルプス南部(飛騨山脈南部)の梓川上流にあり、中部山岳国立公園の一部となっています。標高は、約1,500メートルです。梓川沿いには、河童橋ウェストン碑大正池田代池明神池があり自然を満喫できます。上高地温泉では日帰り入浴も可能です。上高地でのハイキングも楽しめますし、槍ヶ岳 登山(槍沢ルート)や涸沢ルートからの奥穂高岳 登山などへの拠点にもなっています。
 宿泊施設としては、山岳リゾートホテルである上高地帝国ホテルを筆頭に、大正池ホテル上高地温泉ホテル上高地ルミエスタホテルなどの比較的規模の大きな施設がウェストン地区と大正池にあり、河童橋地区には上高地アルペンホテル、上高地西糸屋山荘、五千尺ロッヂ、明神地区には嘉門次小屋、山のひだや、明神館、梓川を遡った場所にある徳沢・横尾地区には徳沢ロッヂ、徳澤園、横尾山荘があります。キャンプ場は、河童橋の少し上流の小梨平地区に小梨平キャンプ場、徳沢・横尾地区に徳沢キャンプ場と横尾キャンプ場があります。
公式Webサイト:上高地公式ウェブサイト
 
上高地(写真:2015年7月20日6時47分撮影)
上高地
 
上高地地図
 
地図データ 読み込み中 .....
 
この場所に北アルプスにある上高地のハイキング地図が出ないときは、ご利用のブラウザのJavaScript設定を「許可」にすることで地図表示できる場合があります。
 
上高地の見どころ
  1. 大正池大正池ホテル:標高 1500メートル
  2. 田代池:標高 1496メートル
  3. 田代橋:標高 1499メートル
  4. ウェストン碑:標高 1500メートル
  5. 上高地バスターミナル:標高 1505メートル
  6. 河童橋:標高 1506メートル
  7. 明神池と穂高神社奥宮
上高地ハイキングコース =============================================
 
上高地バスターミナルから河童橋とウェストン碑へのハイキングコース(50分)
上高地バスターミナル 1505m~(平地10分)~河童橋 1506m~(梓川右岸、平地15分)~ウェストン碑 1500m~(平地5分)~田代橋 1499m~(梓川左岸、平地20分)~上高地バスターミナル
 
大正池から河童橋そして上高地バスターミナルへのハイキングコース(1時間5分)
大正池(大正池ホテル)1500m~(平地20分)~田代池 1496m~(平地 15分)~田代橋 1499m~(平地5分)~ウェストン碑 1500m~(梓川右岸、平地15分)~河童橋 1506m~(梓川左岸、平地10分)~上高地バスターミナル 1505m
 
大正池から河童橋を経て明神池へのハイキングコース(3時間10分)
大正池(大正池ホテル)1500m~(平地20分)~田代池 1496m~(平地 15分)~田代橋 1499m~(平地5分)~ウェストン碑 1500m~(梓川右岸、平地15分)~河童橋 1506m~(梓川右岸、平地1時間15分)~明神池・穂高神社奥宮~明神橋(吊橋)~明神分岐(上高地明神館)~(梓川左岸、平地1時間)~上高地バスターミナル 1505m
 
上高地バスターミナルから梓川沿いに横尾まで(片道3時間10分)
上高地バスターミナル 1505m~(梓川左岸、平地1時間)~明神分岐 1531m~(梓川左岸、平地1時間)~徳沢 1562m~(平地20分)~新村橋 1580m~(平地50分)~横尾(横尾山荘) 1620m
 
上高地への交通アクセス =============================================
 
 マイカー(自家用車、バイク)は、年間を通して上高地へ入れません(釜トンネルより先が通行禁止)。中央自動車道・松本市方面からは「沢渡駐車場」、東海北陸自動車道・高山市方面からは「平湯駐車場」に車を置いてから、シャトルバスまたはタクシーを利用して上高地に入ります。
 
 沢渡駐車場は、約2000台収容可能(15箇所に点在)、駐車料金(2015年現在)は普通車 600円/1日、バイク300円/1日です。沢渡から上高地まではシャトルバスで約30分です。沢渡(さわんど駐車場)~上高地間のシャトルバス料金(2015年現在)は、大人 片道 1,250円、往復 2,050円(約2割引)、子供(小学生)の運賃は大人の半額、4名様以上で往復の場合は団体往復割引がお徳です。タクシーは定額制になっておりタクシー料金(2015年7月現在)は、松本市沢渡地区から大正池まで 3,500円、上高地観光センター(上高地バスターミナル)まで 4,200円です。
 沢渡駐車場(さわんどバスターミナル)から上高地行きのシャトルバス運転(2015年シーズン)は、通常期の始発 6時10発(上高地着 6時40分)、その後 30分間隔で運行され(なお特定日や時間帯により10分から20分間隔で運行の場合あり)、通常期の最終 15時40発(上高地着 16時10分)となっています。4月18日~5月9日と5月9日~7月12日の土日および7月18日~11月3日の始発は30分早くなり、5時40分発(上高地着 6時10分)となります。5月2日~5月6日と7月18日~8月23日および8月24日~10月18日の土日祝日の始発は更に30分早くなり、5時10分発(上高地着 5時40分)となります。さらに特定日運転(松本電鉄 Webサイトにカレンダーあり)の始発便は、4時40分発(上高地着 5時10分)となります。なお、松本~新島々~上高地の路線バスも運転されており、シャトル便より路線バスの方が遅い時間に最終便があります。
 逆コースの上高地から沢渡駐車場行きのシャトルバス運転は、通常期の始発 7時25発(さわんどバスターミナル着 7時55分)、その後 30分間隔で運行され、通常期の最終 16時55発(さわんどバスターミナル着 17時25分)となっています。
 
 平湯駐車場は、約850台収容可能(あかんだな駐車場)、駐車料金(2015年現在)は普通車 600円/1日です。平湯から上高地まではシャトルバスで約25分です。平湯~上高地間のシャトルバス料金(2015年現在)は、大人 片道 1,160円、往復 2,050円(有効期間 7日間)、子供(小学生)の運賃は大人の半額(10円未満切は切上げ)です。タクシーは定額制になっておりタクシー料金(安房トンネル通行料含まず、2015年7月現在)は、平湯温泉地区から大正池まで 3,500円、上高地帝国ホテルまで 4,000円、上高地観光センター(上高地バスターミナル)まで 4,500円です。
 平湯駐車場から上高地行きのシャトルバス運転(2015年シーズン)は、通常期の始発 6時20発(平湯温泉 6時30分、上高地着 6時55分)、その後 30分間隔で運行され、通常期の最終 16時50発(平湯温泉 17時00分、上高地着 17時25分)となっています。4月25日~5月6日と7月18日~8月23の毎日、5月9日~7月12日の土日、8月29日~10月18日の土日祝日は始発が早くなり、5時20分発(平湯温泉 5時30分、上高地着 5時55分)、5時50分発(平湯温泉 6時00分、上高地着 6時25分)の2便が増便されます。更に、最繁忙期(GWと夏休み期間)の4月25日~5月6日と7月18日~8月23の毎日は、前記2便に加え更に始発が早くなり 4時50分発(平湯温泉 5時00分、上高地着 5時25分)、最終便も繰り下げられ 17時20分発(平湯温泉 17時30分、上高地着 17時55分)と17時50分発(平湯温泉 18時00分、上高地着 18時25分)のシャトルバスが増便されます。
 逆コースの上高地から平湯駐車場行きのシャトルバス運転は、通常期の始発 7時30発(平湯温泉 7時55分、あかんだな駐車場着 8時05分)、その後 30分間隔で運行され、通常期の最終 17時00発(平湯温泉 17時25分、あかんだな駐車場着 17時35分)となっています。4月25日~5月6日と7月18日~8月23の毎日は始発が30分早くなり、7時00分発(平湯温泉 7時25分、あかんだな駐車場着 7時35分)の1便が増便されます。またこの期間は最終バスも時間が繰り下げられ、17時30発(平湯温泉 17時55分、あかんだな駐車場着 18時05分)と18時00発(平湯温泉 18時25分、あかんだな駐車場着 18時35分)の2便が増便されます。
 
 上記2つの駐車場から上高地へ向かうシャトルバスのほかに、松本駅から沢渡を経由し上高地へ行くバス、乗鞍高原と白骨温泉から上高地へ行くバス、東京(新宿)から上高地へのバス(さわやか信州号・東京ルート)、大阪・京都から上高地へのバス(さわやか信州号・大阪ルート)、名古屋から新穂高ロープウェイを経由する上高地へのバス(名鉄の高速バス、ただし帰りの上高地→名古屋は新穂高を経由せず)もあります。
 
注意:上記の料金や運賃は、2015年7月に調べたものです。年度が変り変更される事や、誤記もありえます。実際に駐車場、シャトルバス、タクシーを利用する場合は関連のWebサイトをご確認下さい。
 
上高地 登山バッジ、デザインは「河童橋とCHIBIカッパに穂高岳」です。大正池ホテルで2015年7月に購入。
上高地 登山バッジ
 

 
北アルプス
後立山連峰黒部湖東側の峰々表銀座縦走コース裏銀座縦走コース西銀座縦走コース上高地ハイキング槍ヶ岳登山穂高岳登山焼岳登山笠ヶ岳登山
ページ先頭(北アルプス:上高地)へもどる。
Copyright © 2006-2016 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.