いこまいけ高岡、立山
いこまいけ高岡 > 立山 > 私の登山道具 > 登山用小物アクセサリー

ヘッドランプ


 私が登山で使用するヘッドランプ(ヘッドライト)は、15年くらい前に買ったナショナルの製品「ナショナル BF-198-H」です。当時は珍しかったLEDのライトで電池持ちがよかったのと、全然壊れる気配がないのでずっと使っています。難点は電池が、CR123Aというリチウム電池(充電地ではなく使い捨てで値段がやや高い)なことです。
 最近登山で見かけるヘッドランプは、とても明るく眩しいくらいです。私も、そろそろヘッドランプを買い替えようかと思い、調べて買ったのが「モンベル コンパクト ヘッドランプ」です。店頭で明るさを比較すると、今使ってるナショナルのものと比べると2倍くらい明るく、照らす面積もやや広いような気がしました。持った感じの重量も同じくらいでした。モンベルのヘッドランプを立山の星撮りで実戦投入すると、おおむね満足できたものの、一点だけ不満が出てきました。それはベルトです。緩むんですね・・・、登山で暗い道を歩いているヘッドランプのベルトが緩むのは致命傷かもしてませんね〜。ネットで検索すると、同じような事例が数点出てきましたが、ベルトへのヘッドランプ本体の取り付け方に問題があるように書かれており、取扱説明書の通りに取り付ければベルトは緩まないと書かれていました。が、私の場合は正しく取り付けていましたが、緩むのです・・・。よく見ましたが「ベルトの構造的に緩む」と結論に達しました(私の主観です)。そして、緩まないナショナルのヘッドランプを観察すると、これは緩まんわ〜、って作りになってました。モンベルのベルトを改造しようかと考えましたが面倒なので止めました。ナショナルのは古いから、ベルトのスペアなんて売っていないだろうと考えてましたが、ネットで調べるとナカナカしっかりした会社は違う!ありました。送料無料のヨドバシ通販に注文し、3日ほどで到着。昔はベルトに「National」と書かれていましたが、新しく買ったベルトは「Panasonic」の文字になっていました。そしてベルトを付け替え、完璧になりました。多少の出費にはなりましたがベルトは緩まず、滑らないので頭にぴったりです。ちなみにベルト幅ナショナルのもモンベルのも同じ幅(20o)でした。
 なお、文中では「ヘッドランプ」で統一していますが、世間では「ヘッドライト」の呼び方も通用しています。暇なので調べてみると、ブランドとしては「モンベル」「ブラックダイヤモンド(Black Diamond)」「ペルツ(PETZL)」「マムート(Mammut)」「パナソニック(Panasonic)」「ハイマウント(Highmount)」「マイルストーン(milestone)」などがヘッドランプ、「ジェントス(GENTOS)」などがヘッドライトと呼んでいるようです。
 
私の使用するヘッドランプ
ナショナル BF-198-H
ナショナル BF-198-H
モンベル コンパクト ヘッドランプ
モンベル コンパクト ヘッドランプ
パナソニック ヘッドランプ用交換ベルト BBD1033
パナソニック ヘッドランプ用交換ベルト BBD1033
 

 
登山用小物アクセサリー
スマホ用 防水ケースタブレット用防水ケースマップケース熊鈴下着カラビナコードロック細引き漬物袋
ページ先頭(登山用小物アクセサリー:ヘッドランプ)へもどる。
Copyright © 2006-2017 Ikomaike TAKAOKA. All Rights Reserved.